森の視線が。

2019年03月06日

最近は、気温が高く、春がすぐそこに感じますね。

月寒公園パークライフセンタ上空はきれいな青空が広がっていました。

最近は足元がザクザクしていたり、夜は気温が下がりツルツルしていたりと大変歩きにくい思います。

皆さんお気を付けください。

昨日、巡回がてら春を探しを歩いていると・・・。

なんか、視線を感じるな・・・っと

ですが、人は近くにいないし・・・

よーく見ると、なんだこりゃ。木に目がある!こわっ!と思う事がありました。

この、目や顔ではないのにそう見えてしまう現象が人間にはあることを後に知りました。

パレイドリア現象というそうです。

森で何かの視線を感じるのは動物や幽霊以外にこの木のような場合もありそうですね。

月寒公園の目探してみてくださいね。

まだまだたくさんあると思います!

そして、見つけたらぜひ教えてください!

話は変わり、冬から春にかけてのこの時期は、生き物たちの観察のチャンスです。

月寒公園のこの時期は、エゾリスやキタキツネ、アカゲラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ

ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、ツグミがよく来ており、よーく観察すると、小鳥類のシジュウカラ、ゴジュウカラかと思えばシマエナガも見られます。

初級編の生き物たちの中に珍しいかわいい子たちの観察がしやすいのも、葉が生い茂る前のこの時期です。

月寒公園で自然観察しませんか?

わからない野鳥がいたらパークライフセンターの図鑑で調べることもできます!

また、パークライフエンター内では写真の展示も行っております。

ぜひ、月寒公園でゆっくりしてみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしております。

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

プレーパークさっぽろ

採用情報