フクジュソウのお話

2019年04月01日

4月に入り、本日より新年度が始まりましたね。

桜はまだまだですが…。

ボート池にマガモたちが遊びに来ていたりして春を感じますね。

園内は、雪もかなり無くなっていますが、日の当たらないところはまだまだ雪は残っています。

遊びに来る際は転ばないように気を付けてください。

ボート池花壇のフクジュソウが花開いていました。

フクジュソウは月寒公園で春一番に咲く春の山野草です。

春一番に咲く植物たちを「スプリングエフェメラル(春の妖精)」といいます。

フクジュソウに限らず、エゾエンゴサク、タチツボスミレ、カタクリなども含まれています。

月寒公園で咲くのはフクジュソウとタチツボスミレとエゾエンゴサクがみられます。


ところで、スプリングエフェメラルって何?

と思われるかもしれませんが、スプリングエフェメラルとは、北海道の長い長い冬が終わり

雪が解け始め、足元の雪が無くなるころに太陽の光を受け、他の植物達よりも

早くに咲き始める植物を言います。

咲くのが早い分、葉だけの姿のなってしますのもとっても早い可憐な植物です。


月寒公園でも見られるので、ぜひ探してみてください。

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

プレーパークさっぽろ

採用情報