お知らせ

月寒公園にも秋の気配

2019年08月27日

お盆を過ぎてから、すっかり朝晩は涼しくなりましたね。

公園を歩いていても、少しずつ秋の気配を感じるようになりました。

昨日は、森のあそび場の奥でたくさんのキノコを発見!

このキノコは「テングダケ」といい、札幌市内の公園でもよく見られます。

茶色い傘と白い斑点が、おとぎ話に出てくるキノコのような雰囲気で、毒があるキノコです

が、姿はとてもカワイイですね。

出始めの小さいキノコから、成長して傘を大きく広げたキノコまで、いろんな成長段階のキノコがたくさんありました。

毎年秋に、「野の花を植えよう」で山野草を植えている散策の森に行ってみると、

秋の花が咲いていました。

写真の黄色い花は「キンミズヒキ」。穂状に花が咲きますが、下の方はもう種になっていま

した。この種はトゲがたくさんついていて「ひっつき虫」になります。

他にもエゾノコンギク(写真左手)や、ヤマハハコ(写真奥)も咲いていましたよ。

この他にも、ツリバナの実が赤くなっていたり、アカトンボが飛んでいたりと、たくさんの秋を見つけることができました。

皆さんも、月寒公園で秋を探してみませんか?

パークライフセンター前の「オオバボダイジュ」は、もう葉が黄色くなり始めていて、

たくさんの実も付いていました。

この実は、プロペラがついていて、風にのってくるくると回り飛んでいきます。

パークライフセンターの前には「サルスベリ」のピンクの花が咲いています。

一昨年植えたばかりなので、まだ小さいですが、ピンクの花も朱色の大きなつぼみも

かわいいです。

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

プレーパークさっぽろ

採用情報