お知らせ

イベント情報

パークライフカフェ「キタキツネ」開催しました!

2021年03月31日

パークライフカフェは、みんなが気持ちよく公園を利用するために、公園の課題を学んだり話し合ったりする場として、3年前より開催しています。

今年度は、最近月寒公園で、何かと話題になる「キタキツネ」をテーマに、3月31日に
開催し、月寒公園の近隣に住む方や、月寒公園ファンクラブの皆さん、公園の管理に携わる人など、30名以上が参加してくれました。

講師は、キツネの研究者である池田貴子特任助教(北海道大学CoSTEP)です。

池田先生は、12月から月寒公園で、自動撮影カメラなどを使って、キツネの調査を始めています。野生動物のカメラにより分かってきた、月寒公園のキツネのことをお話してくれました。
秋から冬は公園でも、キツネを時々見ましたが、この時期は分散期・単独期で、月寒公園を縄張りにしているキツネ以外に、メスを探しに来たオスも見られたようです。

今は出産期となり、キツネは巣穴で子育てをするので、私たちが目にする機会も減っているようです。そしてもう少ししたら、子育て期になり、子ギツネを見る機会も増えるとのことでした。

そして、キツネと言えば、エキノコックス症。
どんな病気で、何に気を付けたら予防できるのか?を分かりやすく教えてくれました。

エキノコックスは寄生虫で、エキノコックスの幼虫が寄生したネズミを、キツネが食べると、

キツネの中でエキノコックスが成虫になり、また卵を生みます。
キツネが糞をした時に、この卵が環境にばらまかれ、人がキツネの糞を触ったりすることで、卵が人の体に入り、エキノコックスにかかってしまうことがあるとのことでした。

人がエキノコックス症を発症するまでは、10から20年かかり、年間の感染者は20から30人程度となっています。

エキノコックスは、予防が大原則の病気で、キツネやキツネの糞に近づいたり、沢水を飲んだりしないこと、公園で遊んだ後は手を洗うなど、しっかり予防をしたら、リスクが減らせるとのことでした。

月寒豊平MTG_20200918_配布用_ページ_34

↑池田先生のスライドより(デザイン:林悦子)

月寒公園では、キツネをはじめとする野生動物への餌付けも、大きな問題となっています。キツネに餌をやることで、キツネが人に慣れて距離が近くなり、エキノコックス症のリスクも高まります。また、キツネ同士の距離が近くなることで、疥癬などの病気も移りやすくなってしまいます。

池田先生からは、キツネをはじめとする野生動物との「共生」についても、投げかけられ、

参加者それぞれがキツネとの関わり方を考える機会になりました。
かわいいからと言って餌付けすることは、結果的にはキツネにとっても人にとっても良いことではありません。

キツネは公園にもともといる野生動物なので、人がキツネのことを理解し、一定の距離を

とり見守ることで、お互いにとって過ごしやすい公園になるのではないでしょうか。

今回のパークライフカフェは、1時間半という短い時間でしたが、池田先生のお話は、キツネを知り、関わり方を考える良い機会になりました。

参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました。

「キツネのことが知りたい!」という方は、パークライフセンターに来てみてください。

パークライフセンターには、キツネに関することをまとめたニュースレター(号外)やセルフガイド等があり、問い合わせにも対応しています。

また、今後このホームページでは、北海道大学と作製した「動画」もアップする予定ですので、ぜひご覧ください。

パークライフカフェ「キタキツネ」参加者募集 ※定員になりましたので、申込を締め切りました。

2021年02月25日

月寒公園で時々見かける野生動物、キタキツネ。

どんなものを食べて、どんな生活をする動物なのかな?

意外に知らないことが多いキツネについて、一緒に学んでみませんか?

そして、キツネで心配なことと言えば、「エキノコックス症」。

どんな病気なのかな?

予防方法はあるのかな?

私たち自身ができる予防方法と、公園が取り組む予防対策について、
一緒に考えましょう。

春休みに開催しますので、生きもの好きな子どもたちの参加も大歓迎です。

皆様のご参加をお待ちしております。

パークライフカフェ「キタキツネ」

とき      

2021年3月30日火曜日 13時から14時30分

場所     

月寒公園パークライフセンター

対象・定員 

小学生以上・20名

参加費  

無料

講師(キツネの先生)

池田貴子特任助教(北海道大学高等教育機構CoSTEP)

進行
宮本奏(NPOファシリテーションきたのわ)

申込について  
申込フォームより、お申込みください。お電話や窓口でも受け付けています。定員になり次第、締め切ります。3月16日現在、定員になりましたので、申込を締め切りました。

※新型コロナウィルス感染予防のため、参加の際にはマスクの着用をお願いいたします。また、熱・発熱等の症状がある方のご参加はお控えください。

雪の上についた、一直線の足跡。

冬は、雪の上に残る足あとで、キツネがいたことが分かります。

月寒公園では、時々キツネの姿を見かけることがあります。

キツネは夜行性のはずだけど、昼間に歩いていることも、しばしば・・・・・なぜでしょうか。

「おやこでわくわく月さむぽ~うたとえほんともりあそび」を開催しました!

2021年02月21日

今日は、小さな子どもたちの音楽と遊びの会「月さむぽ」を開催しました。

冬の月さむぽは、そりすべりと雪あそびがテーマです。

まずは、ゆうみつの絵本のお話会で、「まんまるまんまたんたかたん」「そりあそび」「もりのおふろ」と3冊の絵本を読みました。

「もりのおふろ」では、段ボールと新聞紙のお風呂が登場!絵本に合わせて、子どもたちもタオルで自分の体をゴシゴシ、お母さんにもゴシゴシしてもらって、最後は新聞紙のお風呂に、どぼ~ん!とつかりました。絵本の中のライオンやぞうさん、うさぎさんと一緒に、気持ち良い気分になりましたね。

「もりのおふろ」では、新聞紙のお風呂が登場!

絵本の後は、手作りのビニールのそりに、自由にお絵かきしました。

お父さんお母さんと一緒に、お花や、空、大好きなキャラクター、古代魚まで、自分の好きな絵をたくさん描いて、素敵なそりが完成しました!

そりができたら、おさんぽに出発!

ひみつのそり山に到着したら、みんなでそりすべりを楽しみました。

昨日暖かくて雪がだいぶ解けましたが、今朝は冷え込んだので、そり山もカッチカチ!

スピードが出て、スリリングでしたね。

今日も1時間という短い時間でしたが、絵本を読んだり、新聞紙のお風呂に入ったり、そりを作ったり、そりすべりをしたりと、たくさん遊びましたね。

参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

月さむぽは、また来年度も、春・夏・秋・冬と季節をおいかけて開催したいと思っていますので、また遊びに来て下さいね。

かわいい絵がいっぱいの素敵なそりが完成!

手作りのそりは、スピード満点!

今日読んだ絵本と紙芝居

「おやこでわくわく月さむぽ~うたとえほんともりあそび」参加者募集!

2021年02月02日

月さむぽは、親子の公園さんぽがもっと楽しくなるように・・・・という思いから始めた、

小さな子どもたちの音楽と遊びの会です。

春、夏、秋、冬と、月寒公園の四季の自然を楽しむイベントとして開催してきましたが、今回は最終回の「冬」。そりすべりと雪あそびがテーマです。

”ゆうみつ”による楽しい絵本のお話会の後、そりを手作りして、みんなで滑りに
いきましょう!

対象は決めていませんが、ひとり歩きができるお子さんだと、より楽しめます。

おさんぽできる服装で来てくださいね。皆さまのご参加をお待ちしております。


「おやこでわくわく月さむぽ~うたとえほんともりあそび  ふゆ」

とき 2月21日日曜日10時30分から11時30分
場所 月寒公園パークライフセンター西側テラス
参加費 300円/組

定員  親子10組

申込   ①保護者氏名 ②電話番号 ③希望の日にち ④大人/子どもの人数
      ⑤お子様の年齢をメールにて、tsukisamu@sapporo-park.or.jp
       までお送りください。

新型コロナウィルス感染拡大防止のために、今年度より定員を設け、申込制となりました。

参加される際には、マスクの着用や咳エチケット等感染防止策をお願いいたします。

月さむぽチラシ

↑去年の冬の月さむぽの様子
おはなし会では、絵本に合わせて鍋が登場。
鍋の中身は何かな?みんなでのぞき込んでいます。

↑去年の冬の月さむぽの様子
去年は丁度節分の時期だったので、パークライフセンター横の広場に行って、
雪で鬼を作りました。
今は、そりを手作りした後に、そりすべりを楽しみたいと思います。

「おばけのマールと森たんけん」を開催しました!

2020年10月30日

10月23日に、公園あそびらぼ2「おばけのマールと森たんけん」を開催しました。

この日は残念ながら、朝から大雨と強風が吹き荒れていました。
こんな日に来てくれるかなと心配しましたが、小さなお友達がたくさん来てくれました!
マールの絵の著者のなかいれいさんが、絵本を読んでくれた後に、
お外にちょっとだけ探検に出かけました。
ビュービューと吹く風の中、落ち葉を拾ったり、宝箱に出会ったり、落ち葉のベットで寝転がったり、落ち葉でマールのお友達に変身したり・・・・
最後はマールも登場して、みんなと一緒に記念写真!
嵐の中で開催しましたが、みんな元気に、楽しい時間を過ごしました。
風がビュービュー吹いたことが功を奏して、葉っぱも近くまで飛んできてくれたり、雨の中歩くのが大変でしたが、小さなお友達には、大冒険の一日でしたね。
参加してくれた皆さま、なかいれいさん、中西印刷、中西出版の皆さま、ありがとうございました!

なかいれいさんに、

「おばけのマールとおべんとう」「おばけのマールとゆきまつり」の絵本を読んでもらいました。

とっても素敵で、贅沢な時間でした。

風がビュービュー吹く中、公園を探検すると・・・・・・宝箱に出会いました。

中にはマールの友達の変身アイテムが!

落ち葉の服と変身アイテムで、みんなでマールのお友達に変身しました!

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

サイト内検索

吉田川公園のページへ

プレーパークさっぽろのページへ

採用情報へ