お知らせ

自然情報

ダイサギが来ています

2022年01月17日

先週から、月寒公園のボート池で「ダイサギ」の姿が見られるようになりました。

ダイサギは、全身真っ白で体長が90㎝程の大型のサギで、図鑑では「夏鳥」と書いてありますが、近年は冬でも札幌市内で見られるようになったようです。

ボート池はすっかり凍って、雪に覆われていますが、ボート池の凍っていない場所を見つけて、上手に魚を捕まえて食べているようです。

時々「グワァー」と鳴きながら、白い大きな羽を広げて飛び立つ姿が、とてもきれいで、
圧巻です。

月寒公園のボート池には、数年前にもダイサギが来てくれましたが、今年はどの位いてくれるのでしょうか。

とても見つけやすい鳥なので、ぜひ探してみてくださいね。

↑白い雪の上に佇む白いダイサギ、見つけられますか?

パークライフセンターで、よく鳥情報を教えてくれる中学生たちが、
ダイサギの写真を提供してくれました。

アップで見ると、黄色いくちばしに小さな黄色い目で、なんだか愛嬌がある顔をしていますね。

ダイサギの他にも、この冬はハイタカや、マヒワ、ベニヒワなどの野鳥が見られています。

パークライフセンターでは、双眼鏡のレンタルも行っていますので、バードウォッチングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

皆さまのお越しをお待ちしております。

↑鳥博士の中学生が写真を提供してくれました

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

アーカイブ

ブログ内検索

札幌市の他公園情報

サイト内検索

吉田川公園のページへ

プレーパークさっぽろのページへ

採用情報へ